肌の状態を改善すればニキビ跡を消すことができる!

赤みやシミの場合

基礎化粧品

タイプによる対処が必要

青春のシンボルといわれることもあるのがニキビです。なぜそういわれるかですが、中高生などの成長期にできることが多いからです。通常は皮脂は体に必要な量しか出ませんが、成長期にはホルモンバランスが乱れることがあります。その時に過剰に出た皮脂が原因になります。では、中高生を過ぎるとならないかです。それ以降でもホルモンバランスが崩れればできます。できた後には必ずニキビ跡の問題が出てきます。それを消すのに苦労することもあるでしょう。ニキビ跡は、治療方法を間違えた時にできることもあります。残ったときは、肌の色が変色して残ることもあれば、くぼみとして残ることもあります。くぼみとして残ってしまったときには、消すのも難しくなります。ニキビ跡でも、色素の変化のみであれば化粧品を選ぶことで消すことができる場合があります。赤みが残っているタイプの場合、毛細血管が傷つくために起きた跡が残っていると考えられます。この時は、ターンオーバーを適正にするタイプの化粧品を選びます。ビタミンC誘導体の化粧品であったり、保湿ができるタイプなども使えます。少し困ったタイプのニキビ跡としては、シミとして残る場合です。紫色に沈着した後、紫外線によってシミなどになってしまうことが多いです。これを消すための化粧品としては、美白作用があるピーリングが良いでしょう。紫外線が原因となってシミができているので、紫外線を避けるタイプの化粧品を使えば、色を消すこともできます。