肌の状態を改善すればニキビ跡を消すことができる!

成分をしっかり確認する

困る女性

不必要な成分は避ける

誰でもニキビ跡はとても気になるでしょう。とくに深いニキビ跡や、赤みが残るニキビ跡はとても目立ってしまい、無理に化粧などで隠している人も少なくはないはずです。できれば化粧をしていない状態でも目立たなくしたい、消したいと考えている場合、まずは化粧品からの見直しから行ってみることをお勧めします。ニキビ跡を消したいと考えている人の場合、無理に化粧品などで改善を行おうと考えている人が多いですが、化粧品の選び方によっては跡が酷くなる可能性もあります。消すために行っている良い行動が、逆効果になってしまうことをまずは理解しておきましょう。まず、化粧品を選ぶときには無添加であることが大切です。見た目を良くする成分や、香りなどを含んだものは、肌に悪影響を与えてしまう場合があります。治りが悪くなったり、なかなか跡を消すことができなくなることが考えられますので、無添加の化粧品を必ず選ぶようにしましょう。そして、石油系合成界面活性剤も注意が必要です。肌の弱い人は石油系合成界面活性剤の影響で肌荒れを引き起こすこともあります。消すどころか、症状が悪化してしまうことも考えられますので、成分表示をしっかり確認して選ぶようにしましょう。重要なことは、自分が持っている肌のターンオーバーの力を引き出してくれるタイプであることです。保湿成分のみでも構いませんので、余計な成分を含んでいないことがニキビ跡を消す、最も重要なことになります。

化粧品

ピーリング石鹸の効果

ニキビ跡やシミができる原因のひとつが、ターンオーバーの乱れです。ターンオーバーは、ピーリングをすると改善します。フルーツ酸配合のピーリング石鹸には、古い角質を分解してニキビ跡やシミを消す効果があります。

鏡を見る女性

厄介な肌トラブルを克服

なかなか消えない厄介なニキビ跡を消すためには、タイプに応じた化粧品を使う必要があります。乾燥しやすい肌にはビタミンC誘導体が配合された化粧品がおすすめです。洗顔後に化粧水をつけ、さらにニキビ跡に美容液を塗り込むことで肌のターンオーバーの改善を図ることで、ニキビ跡は徐々に消えていきます。

基礎化粧品

赤みやシミの場合

ニキビができてもきれいに治せば問題ありません。しかし治療を間違えるとニキビ跡として残ってしまいます。消すためには、それぞれの状態にあった化粧品を選ぶと良いでしょう。赤みなら、ターンオーバーしやすいタイプを選びます。